薄毛 男女 比率

薄毛に悩む男女の比率と傾向は?

薄毛は男性だけの悩みと思われていましたが、最近では女性の中にも薄毛の問題を抱えている人が増えているようです。現在、日本国内の薄毛に悩む男女の比率と内訳や傾向を推察します。

 

「髪が薄くなった」と感じるのは本人の自意識によるものであり、病気のように数値によって明確に示されるものでないだけに、本人次第・・といった部分もあります。頭髪に対して幾つかの調査結果が存在しますが、ガンや生活習慣病などの調査とは違い専門科が判定を下したものではありません。

 

「感じるか感じないか」であり、正確な絶対数は掴みきれませんが、現在、我が国で薄毛に悩んでいる方は4200万人はおられると言われ、男女の内訳としては男性が約2500万人、女性が約1700万人になります。全国民に対しての割合としては3〜5人に1人が薄毛の悩みを抱えている計算になります。

 

抜け毛の原因は?

生活が豊かになり美意識が上ったこと、また平均寿命が年々伸びていることなどを踏まえても、この数値は年々増えており、生活習慣や社会病の根源でもあるストレスとの関連性があるのではないかと推測されています。男性の場合は20代から薄毛を気にし始め、30代40代と数を増やして50代になると「諦めてしまう」状態になる傾向があり、薄毛であるにも関わらず「気にしない」と解答されることもあります。

 

ですから男性の薄毛を気にする人の折れ線グラフを見てみると30代〜40代をピークに山形を描く傾向にあります。これに対して女性は20代から60代まで右肩上がりに増え続け減少することはありません。女性の場合は成長から老化の過程で出産や閉経があり、ホルモンバランスを大きく崩しますので、意識的な要素は少なく、実際に「薄くなっている」と考えられます。

 

女性の抜け毛の傾向は?

ただ、女性の薄毛に対しての悩みを20年前と比較すると、20代の若い世代の増加が目立ち、その原因として、食生活や生活リズムの悪化が懸念されています。パソコンやスマホ、ゲーム人口の増加ともグラフの位相が似ており、無関係であるとは言い切れません。

 

また女性の社会進出も原因の一つと考えられます。残業などの過酷勤務や夜間就労者は頭髪の育成の直接的な原因となるホルモンバランスの狂いを招きやすいのです。本来女性にとって「髪は命」と言われていたように、自分の頭髪には強い意識を向けますが、専業主婦がまだ多かった20年前と比べると、外で働くことによって他人の目をより意識するようになったことも要因の一つだとも考えられます。

 

逆にマイナス要素もあります。出産率が低下していることもあり、出産・育児期特有の一時的な抜け毛を気にする人の数は減少しているはずです。それを差し引いて推測すると、女性の薄毛問題はさらに深刻になります。

 

最後に

男性の場合、近年発見された「フィナステリド」の登場で、その気になれば「治療」という形で解決できますが、女性の場合こういった特効薬的成分が発見されていないのが実情です。これらの調査は、若い人ほど自分の容姿に執着する性質があり、質門に対しての過敏な反応をしてしまう、ということも考慮しなければならなりません。

 

しかし、急激に増えつつある薄毛の原因が、健康状態の悪化から引き起こされている可能性があるのならば、生活環境全体の見直しを考えることが急務だと言えるでしょう。